子供を授かりたい女性のための妊活情報WEBマガジン


2016.03.24 UP!

妊活中に頼りたい!ドクターインタビュー!!津田沼IVFクリニック(千葉県船橋市)

IMG_7467totsu

平成22年に千葉県船橋市に開院した婦人科・不妊治療・高度生殖補助医療の津田沼IVFクリニック。

「赤ちゃんが欲しい」と強く望まれるご夫婦のための不妊治療専門のクリニックです。

IMG_7471totsu

 

院名にもあるIVFとは、「In vitro fertilization(体外受精)」の意味。

津田沼IVFクリニックでは不妊症治療の中でも、

主に「人工授精」、「体外受精」と「顕微授精」の治療を行っています。

場所は津田沼駅の駅前から5分程歩いた所にあり看板もなく、

不妊治療専門クリニックには見えないとても可愛らしい外観となっている。

不妊治療中は気持ちが落ちやすく、入っていく所も人に見られたくないという患者さんに配慮したつくりだ。

また、院内は花などが飾られており、明るい雰囲気で統一されている。

IMG_7461totsu

開院当初は分かりにくい外観や場所から患者さんは少なかったのだそう。

しかし患者さんからの口コミや評判で徐々に患者さんが増え、今では毎日多くの患者さんが訪れる。

平日は18:00まで、土曜日は15:00まで診療をしており、働く女性の心強い味方となっている。

 

『1組でも多くのご夫婦にお子さんを授かってほしい』

検査の内容や意義、治療の目的や方法などは、なるべく平易に口頭や資料で伝え、

不明な点は、質問してもらい十分に理解し、納得の上で検査・治療を受けていただいているのだと、院長の吉川先生は話します。

 

「多くの方が『いつでも妊娠できる』と考えているようですが、女性が30代半ばを過ぎると妊娠することは、難しくなっていきます。

『女性が妊娠する=当たり前』と考えている方が多いため、不妊で悩んでいても両親にすら悩みを打ち明けられないという方もいらっしゃいます。それは『不妊症』という病気自体が『病気だと認識されにくい』からだと考えられます。」

 

「妊娠」というゴールを目指す患者さん自身が「主役」です。

「患者さんにじっくり説明を行うのではなく『患者さんの話をしっかり聞く』ことに力を入れています。

私どもでは『話を聞いてくれた」と感謝していただいています。医者としては治療方法を押し付ける方が楽なのですが、赤ちゃんが授からなかった場合、『医者の言う通りにしていたのに、赤ちゃんができなかった…』『あのとき他のやり方を試していたら…』と、残りの人生、後悔が残ってしまいます。
後悔しないためにも、私は患者さん自身に治療方法の情報を提供し、患者さんに治療方法を選択してもらっています。」

 

体外受精勉強会について

「体外受精は、「赤ちゃんを抱っこする喜びと感動を・・・」感じていただくためのひとつの可能性です。

当クリニックでは毎月第1、3、5土曜日(祝日は休み)16時~17時に行います。
各回ともほぼ同じ内容「基本編」を予定していますが、ご要望により今後は「中級編」や「上級編」も検討して参ります。

体外受精の 「 超 」 基本のみをお話しいたします。すでに基本をご理解の方には、勉強会終了後にご質問をお受けいたします。
採卵針・胚移植カテーテル・自己注射用注射器などをお見せいたします。実際に触れてみてください。恐怖や不安が軽減するかも知れません。
ご希望の方には当クリニックの「体外受精に関する資料」をお渡しいたします。

難しいことを一方的に話すことはありません。ご参加の皆様の「ご理解とご納得」を目標に、
可能な限り易しくご説明をいたします。「真剣な」お気持ちでご参加ください。
その後、体外受精の治療をお受けいただかなくても構いません。ご安心ください。」

 

 

 

教えてくれたのは

津田沼IVFクリニック

吉川 守(きっかわ まもる) 先生

亀田総合病院(鴨川市) 船橋二和病院(船橋市) セントマーガレット病院(八千代市) 千葉徳洲会病院(船橋市) あびこクリニック(我孫子市) いたはし産婦人科(市原市) 山王病院(千葉市) などを経て、 平成22年11月2日(火)津田沼IVFクリニック開院

津田沼IVFクリニック

☎047-455-3111

千葉県船橋市前原西2-17-8

【関連の記事】

コラム

35歳からの妊活

一般的に高齢出産の境界線でもある「女性の35歳」。 35歳以上になると、妊娠の可能性が低くなってくるという話も… 今回は、 》

2016.03.30
コラム

子宮頸がん検診に行ってきた!<レポート>

子宮がん検診行ってますか?女性なら「子宮がん検診」という言葉は聞いた事があるのではないでしょうか。20歳を超えた女性に 》

2016.03.30
コラム

不妊治療をはじめる前にする6つの検査

不妊治療をはじめようと思っても、なんとなく「不妊」とか「治療」とかに抵抗があり、はじめるのをためらってしまう。 でも 》

2016.03.29