子供を授かりたい女性のための妊活情報WEBマガジン


2016.03.30 UP!

子宮頸がん検診に行ってきた!<レポート>

hyoshi-01-1

子宮がん検診行ってますか?

女性なら「子宮がん検診」という言葉は聞いた事があるのではないでしょうか。
20歳を超えた女性には市町村から「子宮がん検診のススメ」みたいのが届きますよね。

私はといいますと、

suzuki_gankensa-01

と、こんな感じで長いこと放置していたのですが…
生活習慣の悪さのせいか、たびたび不正出血が…。
更に、最近の有名人の方のがん発覚や、20代〜30代の女性が年間10,000人が発症、約3500人も亡くなっていると聞き

「発症してからじゃ遅い!後悔する前にとりあえず受けておこう!!」

と、重い腰を上げて予約。

 

何の知識もないまま 近所のウィメンズクリニックへ!

suzuki_gankensa-04

 

検査当日

まずは受付で問診票を記入。

名前を呼ばれ中待合室、そして診察室へ
宮崎あ●い似のとても若く可愛らしい先生による問診で
身体の心配なことや、生理の重さなどをお話しした後、子宮頸がん検査の流れを説明していただきました。

流れも理解できたころだし、じゃあ早速…
とはいかず、有料オプションの「超音波(エコー)検査」を「え!?そんなに!?」という程勧められます。

suzuki_gankensa-02

もの凄い勢いで勧められて、ノーと言えない日本人の私はしぶしぶながら受けることに。

 

検査内容が決まったら、すぐ隣の部屋に移動。

部屋に入ったら下半身服を全て脱いで、カーテンの前に立ち本人確認を行います。

suzuki_gankensa-10

suzuki_gankensa-09

suzuki_gankensa-07

suzuki_gankensa-08

下半身丸出しで自己紹介することが人生の中であるなんて考えたこともありませんでした…。

(ここで指示を出されていた方は先生ではなく、ベテランの看護師さんです。担当の先生と看護師さん以外に人に見られることはありませんでした。)

そして内診台に座ります…が…、

これも全く考えてませんでした!
恥ずかしながら、歯医者さんのレントゲンみたいのでサクッと子宮内の状態が分かる、または妊婦さんのエコー検査の様にジェルを塗ってモニターで見る様な検診を想像していましたが…、

初、内診台、まさかの

suzuki_gankensa-03

上に伸びる…!!股に風を感じます…!

そして

suzuki_gankensa-05

思ったより高くてビックリしました。(病院によると思います)

自分のお腹あたりをカーテンで仕切られ下半身がどういう状況で何をしているのかは見えませんでした。

先生の顔が見えた方が安心する。という方は一言声をかければ開けてくれるそうです。私は開いていたら凄く気になって見ちゃいそうなので閉めたままにしていただきました。

 

 

これで準備はOK!こからが検査です。

まずは…

【①内診(触診)】

先生が子宮内に指を入れて、子宮頸部や膣の内部に出血の有無やびらん(ただれ)などがないかを調べます。
次に、「クスコ」というアヒルのくちばしのような器具を入れて、入り口を広げ子宮内を見やすくします。
子宮の出口にポリープやびらん等の異常が無いか目視で確認します。

suzuki_gankensa-06

(↑クスコ)

クスコにはSSS〜Lまでのサイズがあるらしく、一人ひとりのサイズに合わせて検査してくれます。

痛くはありませんでしたが、やっぱり「うわっ!何か入ってくる〜」の感じはありました。さらに、器具の素材上仕方が無いことですが「ひやっ」とします。

とてもデリケートな部位なので、少しの刺激でもまれに出血することがあります。特に問題はなく、次の日には元に戻っているそうです。

人によっては苦手な検査かもしれませんが、大事な検査なので我慢です…!

どうしても無理そうだったら先生に相談してみてくださいね。

 

【②】子宮頸部細胞診

suzuki_gankensa2-02

子宮の出口の細胞を綿棒等で擦り取り顕微鏡で見る「細胞診」。
取った細胞はすぐに顕微鏡で確認し異常がないか判断します。

 

【③】超音波検査

使い捨てのキャップをかぶせた超音波器具を膣内に挿入し、子宮の状態を調べます。
設置されているモニターにも反映され、自分の子宮の状態が見れ楽しくもありました。
内診では検出が難しい小さな(1~2cm程度)の卵巣腫瘍や子宮筋腫などを検出することが可能なんだそうです。
私も4cmほどの卵巣嚢腫(水たまりみたいなもの)を1つ発見。最初見た時は真っ先に「ガンだ!!」と思い背筋が凍りつきました…。

suzuki_gankensa2-03

良性でしたが、悪性に変わったり、いきなり大きくなることもあるのでやはり2年に1回は検診に来たほうが良いと進められました。改めて「検診に来てよかった〜」と感じた検査です。

 

【4】検査終了

内診台から降り、着替え、問診部屋へ移動。
簡単な検査結果を先生から聞き、終了です。審査結果は郵送してくれます。
お会計ですが、子宮がん検診が2,500円くらい、エコー(超音波)検査が3,500円程で合計約6,000円でした。(料金は病院によって変動します。まずは色々と問い合わせてみるのがおすすめ!)

 

 

検査を終えて

「とんでもないくらいエコー(超音波)検査勧めてくるよぉ〜、怖いよ〜、3,500円もかかるのかよ〜。えぇ〜〜〜」

と思ってすみません…!!

産婦人科を初めて検診される方は絶対に受けた方がいいです!!

先生もその上で勧めてくれたそうです。

日本の子宮頸がん予防で、今、最も問題視されているのは、「子宮頸がん検診受診率の低さ」!

OECD のデータ(*1)によると、世界で子宮頸がん検診受診率が一番高いのは米国で85%。ヨーロッパ各国も軒並み70%を越える一方、先進国22カ国の中で、日本の受診率は37%と最低。

suzuki_gankensa2-01

検診しない理由ベスト3は

【1】時間がない、面倒

【2】費用がかかる

【3】どうしたら受けられるのか、手続きの仕方がわからない

まさに私は【1】に当てはまっていました。取材さえなければ一生受けに行っていなかったかもしれません。

【2】に関しては、市等の行政期間で無料チケットを配布したりもしているのでお近くの市役所等に問い合わせてみてください。私は思いつきで行ったのでもちろん有料+エコー料金がかかってしまいました。

【3】も行政だけではなく、近くの産婦人科やウィメンズクリニックに問い合わせても教えてくれますよ!

子宮や卵巣の病気は、もちろんガンだけではありません。また、比較的気づきにくい病気が多くある部位でもあります。
病気なく健康に過ごすためには「予防」が大切です。
そして、予防をするためにはまずは「自分の身体の状態を知る」こと。

「いつか幸せな家庭を築きたい」

「健康で健やかな人生を送りたい」

と思っている女性は、将来の自分や家族の為にもぜひ子宮頸がん検診に行ってくださいね!

 

*1)「Health Care Quality Indicators Projects 2006 Data Collection Update Report」(OECD Health Working Papers)

参考:http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cancernavi/report/201004/100467.html

 

 

 

【関連の記事】

コラム

35歳からの妊活

一般的に高齢出産の境界線でもある「女性の35歳」。 35歳以上になると、妊娠の可能性が低くなってくるという話も… 今回は、 》

2016.03.30
コラム

不妊治療をはじめる前にする6つの検査

不妊治療をはじめようと思っても、なんとなく「不妊」とか「治療」とかに抵抗があり、はじめるのをためらってしまう。 でも 》

2016.03.29
コラム

気になるお金のこと「特定不妊治療に関する助成金 》

お金がかかるイメージが強い不妊治療。 実際に、2年〜3年という長い期間をかけて不妊治療を行う夫婦も多く、治療費もかさみ 》

2016.03.28