子供を授かりたい女性のための妊活情報WEBマガジン


2016.02.23 UP!

冷え症と不妊症

0322kanpo1-01

冷え症でお悩みの全ての女性へ


日本人女性の2人に1人が冷え症と言われている今、特に12月〜3月の時期に悪化し、毎日をつらい思いをされている方が多いのではないでしょうか?
足が冷たくて眠れない、腰痛があるなど日常的な悩みだけでなく、妊娠を考えている方にとっても「冷え」は大敵です。
 
不妊症のなかでも、これといった原因がないご夫婦は、全体の約30%。
その内、機能性不妊といわれる原因のわからない不妊は10~20%と考えられています。
タイミング療法をしてもなかなか妊娠できず、卵子や精子がうまく発育しない、元気がない等の理由で、人工授精にステップアップしても不妊症が解消されないご夫婦も多くいらっしゃいます。

このような場合、「冷え」が生殖機能を低下させ、不妊症の原因になっていることが非常に多く、逆にいえば不妊症がなかなか解消されず悩んでいる方も『身体の冷えを取り除くことによって子宝に恵まれる可能性が高い』ということです!

 
女性に「冷え症」の方が多い主な理由は「男性に比べ熱をつくる筋肉量が少ないこと」や、ホルモンの影響で「自律神経が乱れやすく、体温の調節がうまく出来ない」ことが主な理由に当たります。


身体が冷えている状態が続くと血流が滞ってしまいます。
子宮から卵巣へとつながる血管は非常に細い為、 血流が滞ることにより子宮から卵巣への血流量が減り、ホルモンバランスの乱れや卵の成長に影響を及ぼしてしまうのです。




では、その「冷え」とどう向き合っていけばいいのか


hie_kanpo_atataka 様々な冷え対策グッズが出ているので、それらを実践されている方も多いかと思います。
湯船に浸かったり、冷たい飲み物を控えたり…。
とくに手首や足首等「首」の付く場所を冷やさないことはとても大切です。

さらに、自分のタイプ別に対策を取るとより効果的に冷え症を撃退することができます!

最後に大きく4つのタイプに分けて「冷え撃退法」をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。


◆気血不足タイプ

…パワー・血液不足のタイプで、疲れやすく、動くとすぐ汗をかいたり、めまいや動悸、立ちくらみがある。

「血色が悪い方です。十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)や帰脾湯(きひとう)といった気血を補う漢方がおすすめです。」


◆瘀血タイプ

…血の巡りが悪くなっている状態で、慢性的な肩こりや腰痛がある、クマができやすい生理痛がひどく、月経に塊が混じっている。

「血の巡りを良くする事が大切なので、巡りを良くするにんにくやねぎなどの食材をとったり、適度な運動が大切です。漢方薬では桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)や芎帰調血飲(きゅうきちょうけついん)といったものがおすすめです。」


◆気滞タイプ

…ストレスがたまり自律神経のバランスが乱れている可能性がある。イライラしやすかったり落ち込みやすかったり、胸のつかえやため息が出やすかったりする。

「気持ちをリラックスさせる事が効果的なので、香りのあるパクチーやミント、セロリ、紫蘇などがおすすめです。 漢方では加味逍遥散(かみしょうようさん)や逍遥丸(しょうようがん)といったお薬をすすめています。」


◆腎虚タイプ

腎が弱っている。足腰のだるさや腰痛、夜間尿が多いといった症状がある。

「中医学では、「腎」とは生命力、活力の源です。 また腎虚の方は冷えも強く手足だけでなくお腹や腰回りも冷えている傾向があります。 こういうかたは日常的に身体を冷やさない事も大切です。 食材では色の黒い食べ物(クルミ、黒ごま、黒きくらげ)が腎を元気にする働きがありますし、漢方では参茸補血丸(さんじょうほけつがん)、六味地黄丸(ろくみじおうがん)といったお薬がおすすめです。」


これ以外の体質にも分かれることもありますので、実際に漢方をのまれる場合は一度お近くの漢方薬局にご相談ください

漢方や鍼灸、食養生といった東洋医学は冷え症を改善するだけでなく、冷えにくい身体を作る事が可能です。
特に子宝をご希望の方は「冷え」は大敵ですので、生活の中に対策を無理なく上手に取り入れることができたらいいですね。





教えてくれたのは

誠心堂薬局三軒茶屋店

宮崎 真里奈 先生

薬剤師 日本大学薬学部卒 誠心堂薬局三軒茶屋店店長

誠心堂薬局三軒茶屋店

☎03-3410-9393

東京都世田谷区太子堂4-22-12 EDOビル1・2F

【関連の記事】

漢方コラム

今や夫婦6組に1組は不妊で悩む時代が到来!

不妊症は年々増加傾向にあり、女性の社会進出、晩婚化、ストレス社会など、男女ともに避けて通れない理由が原因となっていま 》

2016.02.01
漢方コラム

漢方で妊娠力アップ!!その3ー加齢ー

妊娠力を下げる3つの要因「冷え」「ストレス」「加齢」。 最後は「加齢」。年齢とともに誰でも妊娠力は落ちていくものですが 》

2015.12.09
漢方コラム

漢方で妊娠力アップ!!その2ーストレス対策ー

妊娠力を下げる3つの要因「冷え」「ストレス」「加齢」。 今回は「ストレス」との上手な関わり方お話です。 ストレス対 》

2015.12.09