子供を授かりたい女性のための妊活情報WEBマガジン


2015.08.27 UP!

不妊治療にトライするカップル数の多さは日本が世界一!

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-07-PAK853_namiuchigiwadekoibito14171628-thumb-1000xauto-18620

不妊治療にトライするカップル数の多さは日本が世界一というのはご存知でしょうか?

 

日本の不妊治療は、世界でも「特異な状況」と言われています。

不妊治療を行う医療機関はおよそ600軒、体外授精の件数は年間24万件で、いずれも世界最多。
女性の社会参画といういわば光の裏の部分で、加齢に伴う不妊やその治療に苦しむ人々がたくさんいます。

d361952964be3aba5182ca0977fc8c44_s

さまざまな形で女性が社会に参画する時代になり、女性の晩婚化、晩産化が進み、子どもを産む、産まないといった選択や、産む時期も人それぞれになっています。

一方で、女性が限られた数の卵子を持って生まれてくることや、加齢に伴い卵子の数が減るなどして妊娠のしやすさが低下することはあまり知られていません。
さらに不妊の原因の半数近くが男性にもあるという事実は一般的にほとんど知られてなく、結果的に原因の究明や治療が遅れ治療が困難になってしまうケースもあります。

cfe26d0bbe6fe80a31ee8401d4b7aa9e_s

 

日々忙しい生活の中、気づいたら妊娠しやすい期間が過ぎていた。子供を産みたいのに産めない等の悩みを持つカップルの力強い見方が不妊治療専門クリニックです。

妊活を行ってもなかなか妊娠できないかったり、自分の卵子の現状を知りたいという方もぜひクリニックへ訪れてみてください。

自分の身体と向き合って、パートナーと一緒に考えて進んで行くのが妊活であり、不妊治療でもあるのです。

漢方や、鍼灸、最新の機会を使った治療等、多くの治療がある中、パートナーと一緒にじっくりと自分に合うクリニックを見つけてくださいね。

【関連の記事】

コラム

35歳からの妊活

一般的に高齢出産の境界線でもある「女性の35歳」。 35歳以上になると、妊娠の可能性が低くなってくるという話も… 今回は、 》

2016.03.30
コラム

子宮頸がん検診に行ってきた!<レポート>

子宮がん検診行ってますか?女性なら「子宮がん検診」という言葉は聞いた事があるのではないでしょうか。20歳を超えた女性に 》

2016.03.30
コラム

不妊治療をはじめる前にする6つの検査

不妊治療をはじめようと思っても、なんとなく「不妊」とか「治療」とかに抵抗があり、はじめるのをためらってしまう。 でも 》

2016.03.29